読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Magic Pie

さて、羊に戻るとするか

『バットマンvsスーパーマン』を観た感想と観に行く前のオススメ3点

f:id:majicpie:20160403221115j:plainwarnerbros.co.jp

 

どうも、ぽいふるです。

2016年3月25日に上映開始した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をついに見に行ってきました。

 

アメコミ好きとしては是非観たい作品でしたので、非常に楽しみにしていました。

しかも、この作品は上映されるまで、事前情報が一切非公開とされ、ストーリーが誰もわからないシークレット作品だったので、余計に楽しみ度アップでした。

 

スーパーマンとバットマン。全くパワーが違いすぎる二大ヒーローが本当に戦い合うことなんてできるんだろうか?そんな疑問と期待を持ちながら、いざ映画館へ!

 

ってなわけで、今回は僕の超個人的な映画の感想と、映画を見た上で、事前に観てたら映画をもっと楽しめるだろうなと思うおすすめ施策を書きたいと思います。

 

基本的にネタバレなしの方向で書こうと思っているのですが、多分ネタバレしちゃう部分も出てくる(ってか絶対ある)と思うので、ネタバレされたくない方はとばして、一番最後の項だけ読んでいただければと思います。

 

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』観てきた感想

良かったところ

面白かったところとしては、やっぱりそもそもの設定ですね。スーパーマンとバットマン、この力もキャラも全く異なるヒーローが、どうやって戦うんだろうって考えながら観れるのは楽しかったです。

 

そして、アクションシーンの迫力はさすがでした。特にスーパーマンの飛行シーンやバットマンのバットモービルでのカーチェイスシーンなど、大画面ならではの圧巻の迫力!これは惹きつけられますね。

 

バットマンの戦闘のリアルさと、『ダークナイト』を思わせる前半のダークでミステリアスな雰囲気の展開も良かった。もっといろいろバットマンならではの武器やアイテムを見せて欲しかったというところはありますけどね。

 

スーパーマンがメインではあるものの、全体的にバットマンの雰囲気を意識したテンションでストーリーが進むので、スーパーマンの定番曲が聞けなかったことは残念ですが、飛行シーンや着陸シーンなどはさすがスーパーマン。かっこ良かったっす。

ワンダーウーマンの登場シーンもBGM含めてイケてました。

 

逆に微妙だったところ

ただ、期待値を上げすぎたというのもあるけど、映画全体がアクションに偏り過ぎていて、ストーリーが結構ないがしろにされていた感があった。

 

ネタバレするので詳しくは言いませんが、なぜスーパーマンとバットマンがお互いにあそこまで憎み合ってるのか(特にスーパーマン)、そしてクライマックスのバトルへの展開、一度観ただけではなかなかうまく腑に落ちない感じでした。

 

僕としては、ヒーローもののバリバリSFアクション映画であったとしても、ストーリーは一番大切にしてもらいたいという考えもあるので、うーんとなるところはありました。予告編で予想してた流れとも違ったので、その部分も気になるところでしたね。

 

結論

個人的にはストーリーや後半への展開が若干微妙でしたが、それでも戦闘シーンや様々なアクションシーンの迫力はとても魅力的でした。

そして、『ダークナイト』的な要素で、いきなり何が起きるかわからないというミステリアスかつサプライズな雰囲気は、観客を惹きつける要素が非常にありました。

アメコミ好き、アクション好きの方で、大画面でヒーローの活躍を見たい方は映画館へ見に行かれるのも良いのではないかと思います!

 

映画を3倍楽しむために、観る前にやっておくべき3つのこと 

1. 映画『マン・オブ・スティール』を観る

マン・オブ・スティール(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

マン・オブ・スティール(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

 

まず一番おすすめしたいのは、スーパーマンを主人公としたリブート作品『マン・オブ・スティール』を観ること。「スーパーマンってどんなキャラなの?」って人は絶対見といた方がいいです。

 

そもそも今回の『バットマン vs スーパーマン』は、『マン・オブ・スティール』の続編にあたる作品です。そのため、前作から引き続きザック・スナイダー監督が務めており、主演のスーパーマン/クラーク・ケント役はヘンリー・カヴィル、ヒロインのロイス・レイン役はエイミー・アダムス、デイリー・プラネットの編集長であるペリー・ホワイト役のローレンス・フィッシュバーン、クラーク・ケントの母親であるマーサ・ケント役のダイアン・レインが引き続き出演しています。

 

スーパーマンの人物設定がわからないと、映画でスーパーマンの生い立ちとかキャラの説明は一切なくストーリーが進んでいくので、「???」って状態になってしまう可能性があります。ここの知識は是非つけておくことをお勧めします。

 

2. 映画『バットマン ビギンズ』を観る

バットマン ビギンズ [Blu-ray]

バットマン ビギンズ [Blu-ray]

 

続いてオススメしたいのは、バットマンが主役の映画『バットマン ビギンズ』を観ることです。こちらの映画もスーパーマンと同様にリブート作品になります。 

 

この映画は、直接は今回の映画につながっているわけではなく、パラレル作品に成っています。なので、バットマンビギンズとは出演者もストーリーも異なる部分が多々あります。

 

しかし、ブルース・ウェインの生い立ち、なぜブルース・ウェインがバットマンになり、どのようにしてあの強さを身につけたのかっていうところはほとんど同じなので、人物設定として見ておいて損はないでしょう。

スーパーマン同様、こちらも映画の中では各人物についてあまり詳しく解説がないので、予習しておくにかぎります。

 

ちなみに、余裕のある方は、ぜひ続編の『ダークナイト』も観ていただきたい。

ってか、『ダークナイト』は今回の映画関係なしにぜひ見て欲しい!マジ観るべき。 
ヒーローものの中では異色の雰囲気とストーリーです。はじめから終わりまで手に汗握るとは正にこのことかと実感できます。

ダークナイト [Blu-ray]

ダークナイト [Blu-ray]

 

 

3. DCコミックスのキャラを調べる 

最後に、DCコミックスのキャラを事前に調べておくこともオススメ。

「DCコミックスって何ぞや?」って方も結構いるかと思うんですが、今回のスーパーマンとかバットマンなどのヒーローが登場するアメコミの名前及び出版社です。

アイアンマンとかスパイダーマン、キャプテン・アメリカはマーベル・コミックで、実はアメコミヒーローでも別のコミックに登場するキャラ達なんです。

 

今回の映画では、スーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンが登場しますが、続編への伏線として、ジャスティス・リーグというDC版アベンジャーズみたいなメンバーも若干登場します。

なので、今後どういうキャラが登場してくるのかを知っておけば、今後の展開を踏まえてより面白く映画が観れると思います。

matome.naver.jp

 

あとがき

以上、映画を3倍楽しめるように事前にやっておいた方がいいオススメの情報収集について3つご紹介しました。

 

と言っても、映画を見に行くだけでそこまでしなきゃいけないかっていうと、結構大変だと思うので、最低1と2のスーパーマンとバットマン、もっというなら1のスーパーマンさえ観ておけばなんとかなります。

映画観に行きたいけど、事前情報収集に時間が取れない方は、行く前にネットでざっくりスーパーマンとバットマンのキャラ背景についてだけでも調べておくと良いかと思います。

 

アベンジャーズもどんどんシリーズが増えてますし、今後DCコミックスもシリーズ化していく匂いがぷんぷんしてますね。

やっぱり人気ヒーローが一堂に会するストーリーはファンをひきつけることまちがいないもんなー。面白い映画が増えるのは大歓迎です。ただファンとして、ストーリー度外視したアクションだけ派手な作品の乱立にならないようにだけお願いしたいと思います。

 

ではっ!

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

あとがきのあとがき

実は、感想についてめちゃくちゃ長文書いてたのが、操作ミスで全消しになってしまい、相当ショック…。まぁ書きたかった要点は再度書き直したのでまぁいっか。