読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんくもっしゅ

ITベンチャーで働きながら書いてるブログ

スポンサーリンク


USJのハリーポッターエリアで絶対に行きたいおすすめスポット8選

旅行 おすすめ

f:id:majicpie:20150926200742j:plain
http://prtimes.jp/

 

今回ご紹介したいのは、大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に2014年に新たに創設された、最高のパーク『The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)』のおすすめスポット厳選8選です。


もうハリポタエリアには行かれましたでしょうか?

 

行ったことがある方なら、すでにご存知かとは思いますが、
このエリアは、他のエリアとはスケールが桁違いです。

 

完全にハリー・ポッターの世界です。
世界観がすごいです。

 

本当にハリポタの世界に紛れ込んだかのような街並み、そして湖のほとりにそびえるホグワーツ魔法魔術学校。

 

USJが総額450億円をかけて創り上げた最高傑作だと思います。


まず、入り口からすごいんですよ。

 

ハリーポッターエリアに行くためには、左右に木々が立ち並ぶ森の中のような道を歩いていきます。

それが、本の中で、列車が到着した駅からホグワーツへつながる道を歩いていくような錯覚にとらわれるような道なんです。

 

そして、ハリーとロン・ウィーズリーが乗った空飛ぶ車が森の中でとまっていて、それを横目に過ぎていくと、遂にホグズミード村のゲートが見えてきます。

 

そこでは映画でおなじみのミュージックとともに、ホグズミード村、そしてその先にはホグワーツ城が見える圧巻の光景が広がっています。


初めて見たときは、某然と立ち尽くすほどにすごい景色です。

そして、何度見てもその感動は変わらないのもすごいところ。


そんなむちゃくちゃ大好きなハリーポッターエリアの中でも、僕が独断と偏見でぜひぜひおすすめしたいアトラクションやスポット、ショップをオススメ度とともにご紹介したいと思います。

 
 

ハリーポッターエリアで絶対に行きたいおすすめスポット8選

f:id:majicpie:20150926201243j:plain
http://prtimes.jp/

魔法界のお菓子が買える『ハニーデュークス』

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

ハリーポッターファンなら言わずと知れたホグズミード村にあるお菓子専門店。

 

本に登場する「百味ビーンズ」や「蛙チョコレート」などなど、一度は食べてみたいと思っていたアイテムが目白押しに販売されています。

 

ただ、一点気になるところとすれば、お菓子の値段。

 

蛙チョコレートは1,200円で、百味ビーンズはなんと1,800円也。
結構なお値段。欲しいけど、思わず、うっと迷ってしまいます。

でも、鼻くそ味とかゲロ味とか、どんな味か食べてみたいという好奇心にはつられ、思わず買ってしまうファンも多いでしょう。

 

お菓子店ならではの可愛い作りで、店内には他にもハリポタ関連のスイーツがたくさん売られているので、ぜひ訪れてみてください。


 

『フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ』

 

オススメ度 ★★☆☆☆

 

第3巻「ハリーポッターとアズカバンの囚人」に登場する幻獣ヒッポグリフのジェットコースター。 

ヒッポグリフは、本や映画の中で重要な役割を担う獣です。

 

このアトラクションは、待つ列の途中でハグリッドの小屋を外から見ることが出来ます。

庭には、ハグリッドがシリウスから借りたバイクも置かれています。手が込んでますよね。

 

乗った感想として、アトラクション自体は普通のジェットコースターです。

 

乗ってる時間は1分もないと思うので、コースは結構短いです。なので、「あれっ?もう終わりなの?」と感じるかもしれないです。

感覚としてはスヌーピーのジェットコースターと同じくらいかも。

 

でも、コースターに乗りながら、ホグワーツ城を眺めることができ、景色は良いです。夜に乗るのもおすすめかもしれません。



嘆きのマートルがいるトイレ

 

オススメ度 ★★☆☆☆

 

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターのエリアのこだわりは、トイレにまで及んでいます。

 

トイレも普通のトイレではなく、映画に登場するホグワーツ校内のトイレが再現されています。
そして、第2巻『秘密の部屋』にも登場するゴースト「嘆きのマートル」の声がトイレに響いています。

 

ここまで細部にこだわって世界観を創り出してくれていることにも感動です。
お手洗いに行くのであれば、ハリポタエリアで行きましょうw



魔法の杖が手に入る『オリバンダーの店』

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

こちらもファンにはたまらないスポット。

本に登場し、ハリーが1巻で入学前に、ダイアゴン横丁へ杖を購入しに行ったお店、「オリバンダーおの店」。 

 

魔女・魔法使いには必須の「杖」が買えるお店です。

 

実際にオリバンダーさんが自分の杖を選んでくれる体感ショーもあります。

これは20〜30人をまとめてオリバンダーさんがいる店内へ入り、そこで選ばれたお客さん一人が杖を選んでもられるというショーです。

 

「どうしてもショーで選ばれたい!」って方は、オリバンダーさんの目の前に陣取り、目をキラキラさせて選んでくれオーラ満開にしましょう。

 

もちろん、オリバンダーさんに選ばれなくても、店内で杖を物色して買うことができます。

ハリー・ポッターの杖やロン、ハーマイオニー、マルフォイ、そしてヴォルデモートの杖まで様々な魔女・魔法使いの杖が販売されているので、お気に入りの一本を購入されても良いかと思います。

 

バタービール

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

ハリーポッターファンなら、誰もが絶対に飲んでみたいと思っているであろう「バタービール」

それをUSJは見事に実現してくれました。

 

正直、僕の中では一番味わってみたかったのはこのバタービール。

ハリーやロン、他の魔法使い達が美味しそうに飲んでいる描写を読んでいるだけで、思わずヨダレが出そうだったことを思い出します(笑)

 

一番わかりやすい販売スポットは、ハリポタエリアの入場ゲートをくぐり、ホグズミード駅の機関車を過ぎたすぐ目の前にあります。

大きな樽の形をしたバタービール専門店で、お店を見た瞬間にわかると思います。

 

実際ハリーポッターエリアに初めて訪れた際にもまず立ち寄ったのは、このバタービール専門店。

アイスとホットの2種類があり、さらにグラス付きを選択すると、飲んだ後にグラスを持って帰れます!

(飲んだ後のグラスは生クリームなどでねちゃねちゃしてるので、近くのお手洗い場所でグラスは洗った方がいいと思います)

 

肝心の味は…人ぞれぞれのような気がしますが、キャラメルとシナモンのような独特の味わいで甘くて美味しいです。

ただ、甘すぎると感じる人も多いと思うので、カップルで行く場合は、2人で一つでも十分かも。

夏場は爽快にアイスで乾杯して、冬場はホットであったまるのがおすすめです。


 

湖の上からホグワーツ城を眺められる絶景スポット

 

オススメ度 ★★★★☆

 

The Wizarding World of Harry Potterのエリアは、どこを眺めてもすばらしい光景ですが、その中でもやっぱり素晴らしいのがホグワーツ城

 

湖のほとりにそびえ立つ景色は圧巻です。

 

そんなホグワーツ城をホグズミードや城前のゲートから見上げるのも良いのですが、より一層景観を味わいたいという方には、ぜひ行っていただきたいのが、湖の上でホグワーツ城を見上げられるスポット。

 

オリバンダーの店のショーに並ぶ列の奥に行ったところからもその景観が眺められますが、城のゲートに行く少し手前の左側に、湖に渡れる空いた撮影スポットがあります。

そこからの景色は最高ですし、人も少ないので、ゆったりと魔法の世界を味わえる場所です。


 

『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』

 

オススメ度 ★★★★☆

 

ハリーポッターエリアで、いや、USJ全体でも現在トップの人気を誇るアトラクションがこちら。絶叫系アトラクション『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』です。

 

アトラクションがあるのは、ホグワーツ城内なんですが、城のゲートの外、ホグズミード村界隈にまで連なるほどに行列が出来る人気アトラクションで、休日の日中では待ち時間が250分を超えることもある、超人気ぶり。

 

そして普通は退屈な待ち時間も、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターの世界なら全く苦じゃないのがすごいところ。

 

ホグワーツ城外にはスプラウト先生の植物学の植物園があったり、ホグワーツ城内には動く肖像画が壁一面にかけられている部屋、ハリーやロン、ハーマイオニーと会える「闇の魔術に対する防衛術」の教室などを通過しながら進んでいけます。

 

ちなみに、少しでも早く乗りたいという方なら、日中に並ぶのではなく、夜の遅めの時間帯に並ぶことをオススメします。

連休等人が多い時でなければ、夜なら1時間かからずに乗れることも多いです。ご参考までに。

 

 

で、実際アトラクション自体の感想ですが、、、

 

酔います!w

 

スパイダーマンやスペースファンタジー・ザ・ライドで酔ってしまうっていう方は結構厳しいかも。

アトラクション後は少し気分が悪くなる可能性もあるので、酔いやすい方は、あらかじめ酔い止め飲まれていた方がいいかもしれないですね。

 

でも、ハリーとクィディッチの試合に参加してスニッチを追いかけたり、ホグワーツ城外と箒で飛び回ったりとめちゃくちゃ楽しいです。

特にオープン2年目を迎えた2015年からは、フォービドゥン・ジャーニーは3D化され、より一層リアルさが増しています。迫力と映像美はマジすごいです。

 

「ちょっと酔っても、ハリーと箒で飛びたい!」って方にはぜひぜひ乗っていただきたいですね。



ホグワーツ城内を見学できる『ホグワーツ・キャッスル・ウォーク』

 

オススメ度 ★★★★★

 

「ホグワーツの城の中を見てみたい!でも、絶叫系のアトラクションは苦手だから乗れない…」って方に朗報です。

 

ホグワーツの内部は、主に「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」のアトラクションになっていて、そのアトラクションのために並ばないと中には入れないように見えますが、実はフォービドゥン・ジャーニーとは別に、ホグワーツ魔法魔術学校の城内を見学できちゃうコースがあるんです。

 

その名も『ホグワーツ・キャッスル・ウォーク』

 

しかも、フォービドゥン・ジャーニーは超人気アトラクションで、待ち時間が休日の日中だと240分(4時間)くらいかかってしまうんですが、見学ツアーは多い時でも30〜1時間。

そして、夜や平日なら、ほぼ待ち時間がない状態で入れます!

僕も見学ツアー行ったんですが、休日の午後でも待ち時間なんと10分で入れました。

 

そして、見学コースのオススメな部分は、フォービドゥン・ジャーニーとは異なるルートで、ホグワーツの校内を散策できるところ。

 

見学ツアーならではのルートで、ダンブルドアの校長室へつながるゲートや、動く絵の肖像が壁一面に飾られている部屋を見学できます。

これはハリポタファン(ポッタリアン)なら、絶対に見ておきたいですね。

 

尚、見学ルートは所々でアトラクションのルートと被るところがあるので、アトラクションに乗る前に、どんな雰囲気かを確認しておきたいって方にもおすすめだと思います。

 

まだ人が少なく、余裕で回れる見学コースですが、大体的に宣伝されるようになれば、待ち時間も増えて、ゆったりとまわることができなくなるかもしれませんので、今のうちに是非行ってみてください。



まとめ

いかがでしたでしょうか?正直、まだまだご紹介したいスポットがめちゃくちゃあるんですけど、ありすぎて書ききれないですね。

 

とにかく百聞は一見に如かず。

あの世界観は行ってみないとわからないですので、まだThe Wizarding World of Harry Potterに行かれたことがないなら、ぜひぜひ行ってみてください。

僕もまだまだリピして、いろんな発見をしていこうと思います。

 

一緒にハリポタの世界を楽しみましょう!ではっ!