読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんくもっしゅ

ITベンチャーで働きながら書いてるブログ

スポンサーリンク


細田守監督の最高傑作は「サマーウォーズ」じゃなくて、あの名作でしょ【ネタバレあり】

映画 おすすめ

「細田守監督の作品で一番好きなのは?」

 

と聞かれれば、多くの人が

「サマーウォーズ!」

と答えるでしょう。

 

うん、ぼくも、

時をかける少女、おおかみこどもの雨と雪、バケモノの子

の中なら、圧倒的に「サマーウォーズ」が好き。(バケモノの子見てないけど)

 

サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD]

 

映画も数えきれないくらい見てるし、以前書いた記事でもちょこちょこ書いてるし。

 

majicpie.hatenablog.com

majicpie.hatenablog.com

 

 

でもですね、そんな大好きなサマーウォーズをおいて、あえて言いたいんですが、

細田守監督作品の中で、“最高の作品”といえば、サマーウォーズではないんじゃないか?と思うんですよ。

 

 

コアなファンや一部の方はご存知でしょうが、一般的には細田守さんが監督した作品とはあまり知られていない、隠れた名作があるんです。

 

f:id:majicpie:20150803014506j:plain

 

そこで今回は、僕が考える「細田守の最高傑作」の映画をご紹介したいと思います。

 

※映画やテレビアニメ版の【ネタバレ】が入ってますので、ご注意ください。

尚、めちゃくちゃ個人的な感想ですので、「それちげーだろ」ってことがあっても大目にみてやってくださいね(笑)

 

細田守監督の最高傑作はこれだ!

 

もう早速、結論言いますね。

 

それが、これ。

 

 

f:id:majicpie:20150805232824j:plain
item.rakuten.co.jp

 

デジモンアドベンチャー【劇場版】』です。

 

 

は?デジモン?って思われる方もいるでしょう。

でも侮るなかれ。この映画マジでクオリティ高いです。

 

そもそもデジモンアドベンチャーといえば、1999年に放送されたテレビアニメが有名で、テレビ版の監督は別の方がやっています。

 

ちなみに、テレビ版のデジモンアドベンチャーもめちゃくちゃ好きです。パタモンがエンジェモンに進化して、デビモン倒すシーンなんて今見ても感動もの。

 

f:id:majicpie:20150806002712j:plain
taod.jp

 

オープニングの和田光司が歌う「Butter-fly」も名曲だし、進化の時に流れる「brave heart」は最高にテンション上がります。カラオケに行くならぜひ歌いたい一曲。

 

 

って、話それまくってたので、元に戻します。

話は、劇場版、映画デジモンアドベンチャーです。

 

実は、テレビアニメが公開される直前に、映画で劇場版が公開されており、その映画の監督が、細田守監督なんです。

 

細田守のデジモンは何が良いかって、

ポケモンとたまごっちの中間的な立ち位置で制作された、完全子供向けのアニメである「デジモン」を、大人が観ても楽しめる、重厚な演出とストーリーに仕上げているところ。

 

例えば、テレビ版のデジモンは、敵とバトルして攻撃をしかける際に、それぞれ攻撃の技名を叫ぶんです。

ワンピースのルフィが「ゴムゴムの~ピストルー!」って言ったり、ドラゴンボールの悟空が「かーめーはーめー波ぁぁあああーーー!!!」って言うみたいに、アグモンなら「ベビ~フレイム!」とか叫ぶんですよ。

少年漫画にはよくあるパターンです。

 

もちろん、これもこれでカッコイイんですけど、実際、ガチで戦ってるときに、いちいち技名とか叫ばんですよね。

 

一方、細田守のデジモン作品は、デジモンたちが一切ワザ名を叫びません。
デジモンをアニメキャラという立ち位置ではなく、“ゴジラ”的なものとして“恐さ”さえ感じる設定にしています。

 

なので、テレビではあんなにおしゃべりなアグモンも、劇場版ではまったく話すことがなく、しかもデカい。(※劇場版第二弾の僕らのウォーゲームでは話しますし、サイズもアニメに合わせてます)

 

そして、ボレロの厳かなメロディーに合わせて、夜の街を闊歩する光景が、アニメというより、「ジュラシック・パーク」を思い起こさせるような雰囲気があるんですよ。

 

そう、そのボレロの曲チョイスもさすが。
映画中のBGMは、ほぼラヴェルの「ボレロ」のみで、静かで単調なメロディーが徐々に強く展開されていく流れが、迫力を増してます。

 

 

そして、クライマックスの戦闘シーン。

 

敵であるパロットモンに対し、劣勢なアグモン。そんな絶対絶命のピンチで、アグモンが進化を遂げ、グレイモンになります。

ここでも、テレビ版のように「アグモン進化~~!グレイモンッ!!」みたいな決め台詞を言うことはなく、モンスターが巨大化するように進化を遂げます。

 

そして、太一のセリフがグレイモンに対して放った言葉がカッコよすぎる。

 

「撃て」

 

つぶやきに近い言葉ですが、その短い一言に込められた驚愕と恐怖と勇気に呼応して、グレイモンが一気にバスターを放つんですが、これも圧巻の迫力があります。

 

20分間の映画とは思えないクオリティです。

 

ちなみに、僕は子供の頃、この映画の公開時に映画館に観に行きました。

当初、この映画と同時上映される「遊戯王」を目的に行ったんですけど、観終わった後は、完全にデジモンの気分に浸ってました。

 

テレビアニメ版でも細田守作品は一線を画している

f:id:majicpie:20150806014548j:plain

 

細田守監督は、それ以外にも、テレビアニメ版の21話も演出監督として担当してるんですが、この21話「コロモン東京大激突!」も他の回とは一線を画す雰囲気を醸し出してます。

 

場所は現代(1999年当時)の日本であるにもかかわらず、どこか無機質な空虚感のある情景で、全体の不思議な雰囲気は変わりません。

太一の妹の光も、映画同様、どこか不思議な雰囲気を持っています。

 

そして、テレビ版は他の回と合わせるために、アグモンのサイズは小型ですし、言葉も話しますが、それを出来るだけ避ける目的だったのか、アグモンではなく、コロモンの状態で話をすすめています。

 

そして、アグモンに戻り、敵と戦う際にも、やはりワザ名は叫ばない徹底ぶり。

さすが。

 

サマーウォーズはリメイク作品だった?!

f:id:majicpie:20150806014909p:plain

 

そして、劇場版第一作の人気から、第二弾である「デジモンアドベンチャー 僕らのウォーゲーム」でも、細田さんは監督を務めています。

 

で、この作品を久しぶりに見てたんですが、

これって完全に「サマーウォーズ」なんですよ。

 

観てない方のためにストーリーはあえて書かないですけど、とにかく場所設定やストーリー、出てくるキャラなども、すごく似てます。

 

これとか、オズの元になってそうですね。

f:id:majicpie:20150806022402p:plain

 

ですが、この映画は40分程度の長さであるにもかかわらず、クオリティが高く、非常に評価が高い作品です。

サマーウォーズはこの作品に、さらに家族愛や恋愛要素が盛り込んだ形ですね。

 

サマーウォーズもすばらしい作品ですが、その元となったこの作品も、テレビのデジモンとはやはり一線を画してます。作画は圧倒的にサマウォの方が良いけど。

 

二つの映画の比較記事もありましたので、興味のある方はどうぞ。

omnamahashivaya.info

 

あとがき

これだけデジモン語ってると、めちゃくちゃデジモン見たくなってきた。

 

それで、デジモンが懐かしくなってググってたら、なんとこんなものを発見!

www.famitsu.com

 

やばい!デジヴァイスだ!!


www.youtube.com

 

一家に一台!デジヴァイス!(謎)

 

ではっ!

 

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/デジモンアドベンチャー【劇場版】 [DVD]

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/デジモンアドベンチャー【劇場版】 [DVD]

 

 

デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Blu-ray BOX

デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Blu-ray BOX